施設長就任にあたり、ご挨拶を申し上げます。
令和2年9月から私、山本一弥が特別養護老人ホームせんだんの施設長に就任いたしました。
多くの利用者の生活を守るべきせんだんの施設長としては、私自身あまりにも微力ではございますが前施設長をはじめ、このいわきの地で今までそしてこれからも支えて下さる多くの皆さんの力をいただき、この大役を果たしていきたいと思っております。
せんだんの法人理念は「やさしい思いやり、いつも笑顔が絶えない施設づくり」であり、この理念を具現化するために何が必要なのかをスタッフと共に日々研さんして参ります。
介護保険制度導入によって、特別養護老人ホームの在り方そしてそこで行われる介護に対する考え方も「措置における介護」という考え方から「利用者と施設による契約のもとに行われる介護」に変わってきました。高齢になって生活環境を変えなくてはならない方が安心して豊かな暮らしを送るために、特別養護老人ホームせんだんや短期入所介護があります。その一つ一つの事業を大切にしながら、法人の掲げる理念に沿ってこれからも職員一同力を合わせ、皆様に信頼される施設となるよう歩んでまいります。「せんだんは良い施設だね」と言われ続けるために、今後ともご支援いただきますようお願いいたします。

社会福祉法人ふたば福祉会 施設長 山本一弥